ストックイラスト初心者がPIXTAに登録してみた

出品サイト

家事やパートで毎日バタバタとしているアラフィフ主婦の私は、時間に縛られずに好きな事で副業をしたいといつも思ってました。

イラスト描くのが好きだけど、描いて終わりというのもつまらない!

ということで、いつしかイラストを販売してみたいと思うようになりました。

そんな時にストックイラストというものがあるということを知り、早速やってみました。

この記事では、実際にイラスト販売開始されるまでとはどんな流れなのかをお伝えします。

お絵描き好きの主婦におすすめの副業、ストックイラストとは?

色々とやる事が多い主婦にとって、在宅で自分のペースでできる仕事って憧れます。

とはいえ、いくら在宅でも嫌いな事はやりたくないですよね。

やりたいことで、好きな場所、好きなタイミングでできる仕事が最高です。

イラストを描くのが好きなら、ココナラやスキマなどのイラスト依頼サービスで出品したり、クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングで案件を探してみたりなどがあります。

依頼者の希望に沿って、その依頼者のためだけに描いたイラストを購入していただくものです。

それも良いのですが、一人で完結できてしまう気軽なものといえばストックイラストです。

ストックイラストは、自分のお店(のようなところ)に来てくださったお客さんが、気に入ったら購入してくれるというものになります。

だれにも気を遣うことなく、描いたイラストをどんどん出していけば良いだけなので、副業にぴったりなのです。

ストックイラストの仕組み

ストックイラストの仕組みはとても簡単です。

ストックイラストの仕組み

①ストックイラストのサイトに登録

②描いたイラストをアップロードする

③売れたら報酬が入ります。

一点の単価は数円~数百円と安いのですが、

一回アップロードしちゃえば、何もしなくても半永久的に販売中という仕組みはすごく魅力的です!

最初のうちはイラストの数が少ないため誰にも気づかれず、なかなか購入されません。

ですが、地道な作業をコツコツ継続していくと、1つのイラストがいつしか不労所得という資産になり得るのです。

ストックイラストをPIXTAで始めてみた

ストックイラストのサイトは沢山あります。

有名どころのストックイラストのサイト
  • イラストAC
  • adobe stock
  • PIXTA
  • Sutterstock
  • istock

…まだまだ沢山あります!

人気がある5つのサイトの中から、私が最初に登録したのはPIXTAです。

理由はサイトが一番分かりやすかったから!

初心者用に時々セミナーが開催されてたり、売れやすいイラストってどんなのか?という記事が見れたりするのでオススメです。

PIXTAに登録

早速無料登録します。

イラスト素材【PIXTA】

↑こちらから登録できます。

スクロールしていくと、一番下の方に「販売したい」という箇所があります。

そのすぐ下の「販売ガイド」をクリックすれば登録ページに進みます。

登録が完了すると「会員登録完了のお知らせとメールアドレス認証のお願い」というメールが届きます。

その後、身分証明書の提示やパスワードを設定すれば販売できるようになります。

描いたイラストをアップロード!

試しに、以前描いたイラストをアップロードしてみることにしました。

PIXTAのマイページを開き、左側の「作品の登録」「イラスト」に進むと、こんな画面になります。

イラストを所定位置にアップロードし、タイトルやタグを入れたら申請されました


これで問題なく審査に通れば販売が開始されます。

審査が終わったら後日メールでお知らせしてくれます。

もし審査に通らなかったら

審査に落ちても気にする必要はありません。

私はpng形式で出した時、背景透過が甘くてリジェクトされたことがあります。

よくあることです。

リジェクトされた理由がメール内に記載されてるので、そこを修正して再度アップロードすれはOKです。


そしてまた審査が終わるまでメールを待ちましょう。

まとめ

この記事では、ピクスタでイラスト販売開始されるまでの流れをお伝えしました。

自分の描いたイラストが、無駄にならずに販売できたら嬉しいですよね。

私はまだアップロードした数がほんの少しなので、1つも売れてないのですが(^^;)、もっと本気で取り組めばダウンロードしてもらえると思っています。

時間に縛られず、相手に気を遣わずに自由にできる副業、イラスト好きならストックイラストは最適です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました