iPad版クリスタにテンキーを取り入れてイラスト作業効率をあげる

おすすめツール
※左利きの方にとっては「右手デバイス」ですね(^^)。

iPad版クリスタはツールの切り替えが面倒…。 R

ところが、コンパクトなテンキーを導入してみたら思ってた以上に便利でした。

イラストを描く右手だけが忙しい私でしたが、ツールの切り替えが左手ですごく簡単にできるようになって、作業効率がかなり上がりました。

よくツールの切り替えをする方は、片手デバイスを導入すると快適に作業できると思います。

今回ご紹介するのはこちら
icleverテンキー IC-KP08

iPad版クリスタを使ってる方にオススメの片手デバイス

icleverテンキー IC-KP08」は、薄くて軽いので、持ち運びも本当にラク。

iPadにぴったりのコンパクトなテンキーなんです。

充電もスマホ並みにカンタンだし、Bluetoothの無線なのでコードが邪魔にならずに、使い勝手もいいです。

クリスタが出してるCLIP STUDIO TABMATE(タブメイト)は、iPadでは使えない

CLIP STUDIOが公式で出している CLIP STUDIO TABMATE(タブメイト) というのがあるんですが、残念ながらiPadでは使えません。

Bluetooth搭載のキーボード・ゲームコントローラなどがあるので使えそうなのですが、対応していないんです。

「iPad対応してほしい!」と切望してる方が多いので、もしかしたらいつか使えるようになるかもしれませんね。

でもそれまで待ってられない!ということで、「 icleverテンキー IC-KP08」を購入したのは私です(^^)。

商品が届きました!

注文した2日後に商品が届きました。

余計なものは一切なく、シンプルに本体と充電器(ケーブル)、取扱説明書、シールが箱に入ってました。

本体の裏側には電源ボタンと滑り止めがついてます。

シンプルで使いやすそうです。

横から見た写真。

上部が少し高くなっているので、15℃の程よい傾斜があって使いやすそうです。

とっても薄くてコンパクトですね。

「 icleverテンキー IC-KP08」 テンキーの設定

早速テンキーの設定をしてみます。

1.iPadにBluetoothテンキーをペアリング

①本体の裏の電源をONにする。

②Bluetoothボタンを長押し(3秒)すると、青色のLEDが点滅して接続待機の状態になります。

iPad(設定→ Bluetooth )に「iClever IC-KP08 Keypad」と表示されるのでタップすると接続完了です。

2.CLIP STUDIO を起動しテンキーにショートカットを設定する

よく使うツールを好きなようにテンキーに設定していきます。

何度でもやり直しできるので、色々試してみて、少しずつ自分好みにしていくといいのではないでしょうか。

ちなみに、私が最初に設定したのはこちらです。

このテンキーは、NumLockのONとOFFをワンタッチで切り替えるだけで最大22種類のショートカットを設定できるんだよ。

えっっ!そうなの?

22個も設定できるなんてすごいね。

… NumLockキーの上にシール貼っちゃってたし(^^;)。

やり直そう♪

NumLock キーのONとOFFを切り替えると、設定できる数が変わる!

ONにすると、使用できるボタンは17個

OFFにすると、使用できるボタンは22個

「 icleverテンキー IC-KP08」 のデメリット

アイビスなど、クリスタ以外では対応してないアプリもあります。

まとめ

今回はiPad版クリスタにピッタリの片手デバイスをご紹介しました。

テンキーのボタンに自分がよく使うショートカットの操作を登録することで、快適に作業ができます。

私は実際に 「icleverテンキー IC-KP08」 を使いはじめてからまだ間もないですが、間違いなくイラストを描くスピードが速くなりそうです!

もしまだ片手デバイスをご使用でなかったら、試してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました