アドセンス「ads.txtファイルの問題を修正」をXserverで簡単解決

ブログメルマガアフィリエイト

念願がかなって、ついにアドセンスに合格!!

お馴染みのお姉さんの画像が入ったメールが届いた時、本当に嬉しかったです。

ウキウキしながらアドセンスの設定をしようとしたら…(゚Д゚;)!!

早速こんな警告が表示されてました!!

要注意:収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。

この「!」のマークが恐ろしくて、出鼻をくじかれた感じです…(>_<)。

この警告は、どういう基準なのか分かりませんが、届く人と届かない人がいるようです。

まんまと届いてしまった私は、この警告を無視しようと思ってたけど、どうも気になって仕方なくなってしまいました。

なので、エックスサーバーのads.txt設定という機能を使って目障りな警告を取ってしまいました(^^)。

とっても簡単です♪

スポンサーリンク

ads.txtって何?

ads(Authorized Digital Sellers)とは、不正広告、広告詐欺 を防ぐための仕組みの事です。

ads.txtは、「アズテキスト」と読みます(^^)。

つまり今回の警告は、「あなたのブログにはads.txtが設定されていませんよ~」という警告です。

ads.txtは、絶対に必要!というわけではないのですが、警告が届くという事は、やった方がよさそうです。

ads.txt…という警告が来たらやる事

難しそう…と思われるかもしれませんが、ものすごく簡単にできちゃいます♪

やることはこれだけ!

・Google AdSenseでIDを確認

・エックスサーバーで、ads.txt設定

それでは順番にやっていきましょう!!

Google AdSenseでIDを確認

Google AdSenseにログインします。

左側のサイドバー内のアカウントからアカウント情報に進みます。

表示された、アカウント情報の一番上にある、パブリッシャーIDの右側に表示されている「pub-○○○○○○○○○○○○○○○○(16桁)」が、自分のIDです。

「google.com, pub-○○○○○○○○○○○○○○○○, DIRECT, f08c47fec0942fa0」

この○○○○○○○○○○○○○○○○の部分を、事項のエックスサーバーのads.txtの設定時で使うので、コピペしておきます。

エックスサーバーで、ads.txt設定

それでは、エックスサーバーにアクセスして、Xserverアカウントにログインします。

ログインしたら、サーバーの項目内のサーバー管理をクリックします。

サーバーパネルの、ads.txt設定をクリックします。

ドメイン選択画面で、該当するドメインの右側の選択するをクリックします。

ads.txt設定画面のads.txt設定追加をクリックします。

広告システム……ここには、google.comと入力します(画像の①)。

サイト運営者ID…「pub-」と16桁の数字コード(自分のID)を入力します(画像の②)。

契約種別…………アカウントを直接管理していない場合以外は、DIRECTを選択します。

認証機関ID………ここには、f08c47fec0942fa0と入力します(画像の③)。

入力ができたら、確認画面へ進むをクリックします。

確認画面に訂正することが無かったら、追加するをクリックします。

このような画面になればads.txtの設定完了です。

設定できたか確認するために、ads.tx設定一覧をクリックしてみます。

下の画像のように表示されてれば、ちゃんと設定できてます(≧▽≦)!

ads.txtが正常に修正できたか、さらに確認する

ここまで来たら、ads.txtがちゃんとアップロードできたのか心配ですよね。

でも、すぐにGoogleから「OKですよ~」みたいなお知らせは届きません。

警告のお知らせはまだ残ってるままだし、モヤモヤしてしまいます!!

なので、自分で確認してみましょう。

やりかたはとっても簡単です。

ブラウザのURL欄に、「自分のサイト名 /ads.txt」を入力して、Enterキーをクリックするだけです!

ちゃんとアップロードができてたら、下の画像のように表示されます。

これで確認できました♪

このまま待っていれば警告の表示が消えます。

でも消えるまでは時間がかかるので、少なくとも48時間くらいは様子を見てみましょうね。

お疲れ様でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました