初心者さん用 板タブの設定

おすすめツール

板タブを使ってCLIP STUDIOでイラストを描ける準備が整ったあなたへ。

ペンタブの動きとPC画面上の動きが、なんだかズレてる!!と感じることはありませんか?

やっぱり液タブにすればよかったかな…なんて思ってないでしょうか。

今回は、板タブのズレをなくす簡単な設定をご紹介します。

この設定をすることで、より使いやすくなるので、是非やってみてください。

使用している板タブは Wacom Intuos Medium です。

スポンサーリンク

ズレをなくす設定方法

ズレを感じる場合、板タブとPC画面の縦横比を合わせることが重要です。

縦横比が合ってないと、板タブとPC画面の両者がうまく情報交換できないようで、思ってるように描けない。

まずはペンの設定

板タブとPCを接続します。

パソコン画面左下Windowsマークワコムタブレットワコムタブレットのプロパティを開きます。

「ペン」をクリック

ここでは、ペンの色々な設定をします。

ペンのボタンの設定

私はうっかり誤作動してしまいそうなので、怖くて「無効」に設定しました(^^)。

筆圧の設定

直接ペンを板タブに押し付けることで、筆圧のレベルを設定できます。

筆圧がちゃんと感知できないと、描いた線がの太さが全部同じになってしまいます。線に強弱をつけるために、忘れずに設定しましょう。

「マッピング」をクリック

次にペンタブの操作領域の設定

ここでは、ペンタブの操作領域を設定します。

「表示エリア:全画面」

「縦横比を保持」にチェックを入れます。

✓チェックが入ってないと、板タブ上で引いた線と、PC画面上の線の動きにズレが生じてしまいます。

裏ワザ

板タブの使いづらさは以下の2つではないでしょうか。

①PC画面と距離がある

②高さが合わない

それを解消する裏ワザをご紹介します。

私はなぜか練り消しをたくさん持っています

これを使ってみることにしました。

PCのキーボードの上に、丁度いい位置になるように板タブを乗せちゃいます。

そのままだと滑ってくるので、板タブの下に練り消しを設置してみました。

ちょっとカッコ悪いけど、PCと距離が近くなって使いやすいよ。

高さも調整できるし、滑らない!

気に入ってます♪

まとめ

今回は、板タブのズレを解消する簡単な設定をご紹介しました。

ちょっとした設定やコツで快適に使える板タブは、これからもどんどん自分好みにカスタマイズできそうです。

あなたも是非、自分好みに設定してみてくださいね。

使用している板タブは Wacom Intuos Medium です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました