iPadのタッチペンの持ち運びにはケースがあると安心

おすすめツール

iPadにはマグネットが付いてるので、タッチペンがぴったりくっついて便利です。

ですが、私は使い方が雑なのか、カンタンに外れちゃうので困ってました。

落としたり、持ち運ぶ際にバッグの中で行方不明になりがち…

大事なApple Pencilを守るために、ケースを使うことにました。

ケースを使うことで安心できるようになったので、今回は私が購入したESR Pencil ケース タッチペンカバーをご紹介します。

ESR Pencil ケース タッチペンカバーはこちら

タッチペンをよく落とす

困ったことに、私はタッチペンをしょっちゅう落としてしまうんです。

iPadを使用時、常にタッチペンを手に持っているわけではないので、その辺に置いたままにしてしまいがちなのがよくないと分かっています。

iPadのマグネットに付けていても、なぜか外れてることもよくあります…。

怖い~~!!ペンが床に落ちる音…。

「ペン先が床について、もし壊れてしまったら…!」と、一瞬で凍り付いてしまいます。

バッグの中で行方不明になる

持ち運ぶときには、iPadのマグネットに付けてバッグに入れるのですが、やはりすぐに外れてしまいます。

iPadをバッグから出そうとすると、タッチペンはほとんど付いていません。

いちいちバッグ中を探すことになるのが面倒だと常々思っていました。

持ち運びに最適な【ESR Pencil ケース タッチペンカバー】

タッチペンを落としたり失くしたりするのを防ぐために、ケースを使うことにしました。

どんなのが必要なのかをリスト化してみたのがこちらです。

見出し

・iPadのカバーと合う

・装着がカンタン

・デザインがシンプル

・ジャマにならない

・お手頃価格

これらの基準を満たしていたのは ESR Pencil ケース タッチペンカバでした。

私のiPadケースの色はグリーンなので※実店舗で購入したのですが、この色しか在庫がなかったからという理由

ペンのケースも合わせてグリーンを選びました。

この商品の大きな特徴は、上部分が 厚手のタイツみたいな素材なので、伸縮性があるということです。

【ESR Pencil ケース タッチペンカバー】メリット

伸縮性のある素材なので、しっかりホールドされて逆さにしても落ちない。

接着がとてもカンタン

付けてるのを忘れそうなほど薄い

ペンを出すと、フラットになるのでipadのカバーに貼り付けてもジャマになりません

それでも高さが気になる時はケースから出して、本体のマグネットに付けておいて、iPadをしまうときにまたPencilをこのケースに入れておけばいいと思います。

【ESR Pencil ケース タッチペンカバー】デメリット

厚手タイツのような素材なので、なんとなく安っぽく見える。

まとめ

この記事では、Apple Pencilを守るための ESR Pencil ケース タッチペンカバー をご紹介しました。

落としたり、持ち運ぶ際にバッグの中で行方不明になったりしがちなタッチペンですが、このカバーを使い始めてからは安心できるようになりました。

もっと早くから使ってれば、タッチペンの被害も少なかったなぁ…

これからタッチペンのケースを購入しようとお考えの方に、今回の記事が参考になったら光栄です。

ESR Pencil ケース タッチペンカバーはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました